<< パラグアイの伝統手刺繍 | main | indigo tea >>
2016.03.31 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.12.04 Friday

    ほっこり草木染め

    0
      JUGEMテーマ:
      師走にはいりました。
      気温が寒くなると一気に年末モードに入る気がします。

      さて、本日は草木染めのかわいいサンプルが上がってきました!
      染色といえば大きく2つに分かれますね。

      *人工的に作られた化学染料
      *自然の材料から作られた天然染料

      化学染料は色が安定していて、発色もよく、意図的に狙って色を表現できます。
      天然染料は化学染料に比べて扱いも難しい面もありますが、
      なんとも言えない風合いがあります。

      今回は草木染めと柿渋の掛け合わせサンプルです。

      左から薄ピンクはびわ・黄色はウコン・ダークグリーンは柿渋とたまねぎを掛け合わせたものです。
      生地の途中で色が切り替わって見えるのは絞りを入れて、色止めの役割をする媒染材を変えて色を変えています。
      生地の素材はシルク100%
      とても薄手の生地なので、ふんわりやわらかくしあがりました。


      続いて冬にはずっと手元に置いておきたい素材。
      ウール100%の生地に柿渋とタマネギ染めしました。

      柿渋は生地が固くなるのでは?と思っていましたが、
      ウールはそこまで気にならず風合いよくしあがりました。
      しっかり厚手の生地に染めたのでジャケットやコート作ってみたい!
      写真では伝わりにくいのですが、ほんのり赤みのブラウンとカーキの緑が滲みあって
      色に奥行き感じでしまいます!!

      少しずつ染め集めた柿渋+草木染で配色になりました!
      一番下から柿渋のみ・柿渋に鉄媒染・柿渋にたまねぎ(ウール)・柿渋にたまねぎ(綿)
      びっくりするのは、素材によって同じ材料で染めても発色が異なるということ。
      また季節により色の発色が変わってきます。
      寒い時期に染めたので薄い色になっていました。夏の暑い時期にはしっかり濃く染まります。
      綿は柿渋で染めると少し硬くなりますが、張りが出てくるので、
      がっしりしたワークっぽいスタイルなら是非使いたいです!


      寒い時期にほっこり気分にさせてくれたサンプル紹介でした。

      気が向いたら、台所で鍋に草木を煮出してみてはいかがでしょう?
      面白い色が出るかもしれませんね。


       
      2016.03.31 Thursday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM